たこぶね見聞録

貝殻の外へ触手を伸ばそう

岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」に行きました【大丸神戸店】

大丸神戸店で開催された写真展「ねことじいちゃん」を見に行きました。

岩合光昭(いわごうみつあき)写真展

会期

2019年8月7日(水)→8月19日(月)

会期中無休

会場 

 大丸神戸店9階 大丸ミュージアム

入場時間

10時→19時30分(20時閉場)

*最終日は16時30分まで(17時閉場)

入場料 

一般800円(600円)

大高生600円(400円)中学生以下無料

*( )内は前売料金および大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方のご優待料金です。(ご優待料金は会場での当日券購入の場合のみ適用。)

出典:岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」 | 大丸ミュージアム<神戸>

動物写真家の岩合光昭氏が監督した映画の公式写真展。約160枚の写真パネルが展示されています。

 

f:id:takobunex:20190817224106j:image

入口のパネルです。右側には、前もって募集した写真が貼られています。


f:id:takobunex:20190817224111j:image

こちらも入口のパネル。

 

入口付近の4枚(以下の画像)は撮影OKでした。

f:id:takobunex:20190818145711j:image


f:id:takobunex:20190818145726j:image


f:id:takobunex:20190818145743j:image


f:id:takobunex:20190818145820j:image

狭いところに収まるねこ。

 

全ての写真にねこが映っており、島の風景や日常生活に溶け込んだねこが見られます。紅葉の季節に上から撮影したものが印象的でした。

「ねこを眺めると癒される」という意味が分かった気がしました。確かに、イライラしてるときにこういうのを眺めると、怒り方を忘れてどうでも良くなりそう。

 

グッズ売り場は写真集やポストカードといったものから、イラストを使ったものまであり、二次元三次元を問わない猫づくし。

 

会場を出たその足で人生初の猫カフェに向かうのも良いなと思いました(Google mapで付近を調べたら近くに猫カフェがあった)。用事があったので断念しましたが、近いうちに行ってみたい。元になっている映画も観たいと思いました。

 

以上、写真展「ねことじいちゃん」で和んだ記録でした。要約すると「ねこをたくさん見ました。かわいかったです。」というような内容です。

展覧会は神戸に限らず各地で開催されてきたようなので、今後、他の地域でも見られるかもしれません。

カフェイン中毒になりかけた話

カフェイン中毒になりかけたので、備忘録も兼ねて記しておきます。

中毒といっても「飲むのをやめられない話」ではなく「短時間に飲み過ぎて体調を崩した話」です。

 

内定者懇親会に参加したとき。社長のお話を聞いていると、社員さんが飲み物を出してくださった。氷の入ったコーヒーだった。

11時頃、アイスコーヒーを1杯飲む。

 

職場を見学した後、車で移動して焼肉をご馳走になった。思い返せば若干手が震えていたが、慣れない場で食事しているからだと思っていた。

食後に飲み物は何がいいか訊かれたので、他の人と同じようにアイスコーヒーをお願いした。わざわざメニュー表を見せてもらうこともないか。

13時頃、2杯目のコーヒーを飲む。

 

表情筋がちゃんと動かなくなり、無表情で足を引きずりながら歩く挙動不審な人になった。傍からどう見えたかは分からないが、自分の体感ではそうなっていた。

笑顔になるにはリラックスする必要があるのに、カフェインの作用で反対のことが起きたらしい。懇親会の最中なのに困ったことだ。

ただ座っているだけなら目立たないが、鞄から物を出そうとすると結構手が震えていた。落ち着かないので手をぎゅっと握りたくなる。何か握るものが欲しい。

トイレに駆け込むほどじゃないけど微妙に吐き気がする。

 

会が終わってまっすぐ家に帰った。

おとなしく横になって休もうとして「どうやって休むんだっけ?」と考えることになった。横になってぐーたらする方法を忘れた。何もせず寝転がっているのも落ち着かないので、水をちびちび飲みながら懇親会のお礼のメールを送信する。

暇だから血圧を測ってみると、100ぐらいまで上がっていた(何もないときは80ちょいだった気がする)。健康なのか不健康なのか。

吐き気は治まっていた。

 

シャワーを浴びたりカフェインの作用をググったりしているうちに回復し、飲んで10時間ぐらい経ったら眠くなってあくびが出てきた。ほとんど身体から抜けたらしい。

 

私はコーヒーと牛乳を半々で混ぜて飲むのが好きで、コーヒーだけを原液で(?)飲むことは滅多になかった。今回は摂る量が多すぎたのだろう。

アイスコーヒー2杯ってのはそう非常識な大量ではなく、特に意識せずに飲んでしまう量だ。懇親会に参加した皆さんも飲んでいたし、世の中には「コーヒーのおかわり無料」という宣伝もあったりする。

カフェインの怖さを知って震えてる(物理)

 

……とかオチをつけて終わろうとしたけれど、書き足すことが出てきた。

下戸の人はほんの少しのお酒で体調を崩すし、胃腸が弱い人は脂っこい食べ物でお腹を壊す。カフェインに限らず「人によって許容量が違う」「ほんの少しでも身体が拒否する人もいる」ってことが大事なんだと思う。

どこまでokなのかは、周りの空気じゃなくて自分の(相手の)身体が決めること。

 

倒れて病院に運ばれるほどの大事には至らず、自分が若干カフェインに弱いことに気づけた。ひとつ賢くなったと思うことにする。1日1杯を守って、できれば牛乳か何かで割って飲むことにしよう。

 

あと、カフェインは100%が尿から排出されるので(出典はwikipedia

「筋トレしまくって汗かいたら抜けるんじゃね」とか思っても実行しないほうが良いと思う。摂りすぎた場合は水を飲んで静かにしているのが良さげ。

【ローソン】シャキシャキ食感 茎わかめ

なんとなく歩きたい気分になり、途中の駅で降りて歩き出したら予想以上に暑くて閉口しました。

途中の100円ローソンでおやつを購入しました。
f:id:takobunex:20190715072832j:image

(眩しくて見づらい画像で申し訳ないです)

シャキシャキ食感 茎わかめ

108円

 

脂質ゼロ

食物繊維たっぷり ヘルシーおやつ

便利な個包装タイプ

保存料、着色料は一切使用しておりません

1袋(30g)当たり

食物繊維:1.9g

脂質:0g

エネルギー:26kcal

健康志向のおやつです。

外袋を開けるとかすかに潮の香り(酢の匂い?)がします。個包装で、食べきりサイズの小袋が5つと脱酸素剤が入っています。


f:id:takobunex:20190715072844j:image

茎わかめの小袋。

温泉旅館に泊まったとき、粉末のお茶や和菓子と一緒に用意されていたら嬉しいと思います。和室の畳と座布団、蓋付きの丸いお盆を思い出しながらいただきます。

食感はシャキシャキ、コリコリしています。

調味液がよく染みており、よく噛んで味わいました。

f:id:takobunex:20190717175415j:image

1袋(30g)当たり食塩相当量は2.0g 。

熱中症を防ぐには水分と塩分の両方を適度に摂る必要があり、今の時期は塩分を含むタブレットや塩飴がよく売られています。

個包装の茎わかめ(小袋)を1つ食べると0.4gの塩分が補給できるわけで。

暑い場所で作業をしたり、炎天下を歩いたりした後に、水分を摂りながら茎わかめをつまむのも良さそうです。酸味でリフレッシュできそう。

 

製造者:株式会社 壮関

栃木県矢板市こぶし台4-1

こちらの会社では茎わかめを中心に、干し梅やドライフルーツ、するめなどの素材菓子を製造しているそうです。


f:id:takobunex:20190717195611j:image

出典:株式会社 壮関

容量が違っても、小袋のデザインは同じですね。

同社の製品「のり塩れんこんチップ」や「梅ぼしのシート」も美味しそうでした。素材菓子は好物なのです。

 

ご馳走さまでした。

それでは、またお会いしましょう。

開運バンジーに行ってきた【飛んできた】

バンジージャンプを体験したので、その記録をします。

開運バンジー

〒636-0832 奈良県生駒郡三郷町信貴山西1190−20

高さ30m

料金:9000円

年齢:13歳以上(未成年は保護者の署名が必要)

体重:40~100kg

関西唯一のブリッジバンジー

 

大阪方面から奈良県に向かいました。

JR大阪から大和路快速王寺駅に行き、そこからバスに乗って「信貴大橋」で下車。

バンジージャンプを予約したときのメールに載っていた経路が分かりやすいです(なぜかGoogleマップではこのルートが出ず、もっと複雑な経路が出てきました)

 

行きし、王寺駅近くの商業施設「リーベル王寺」の5階で、バスの1日フリー乗車券が手に入りました。王寺駅~信貴大橋の往復で元は取れますし、車内で小銭を出さなくて良いのは嬉しいです。

f:id:takobunex:20190710194612j:image

聖徳太子ゆかりの里。


f:id:takobunex:20190710195352j:image

早く着いたので、散策して時間をつぶしました。あじさいが綺麗です。


f:id:takobunex:20190710200111j:image

近くに断食道場があるそうです。


f:id:takobunex:20190710200438j:image

「信貴大橋」と「開運橋(ジャンプ台があるほう)」の2本の橋がかかっており、高さは同じぐらいです。

 

開運橋を渡り切ったところにバンジージャンプの受付があります。受付で料金を支払い、同意書に署名したり、体重を測ったりしました。ハーネスもここで着けてもらいます。

あと、左手首にビデオカメラをつけてもらいます。

足から落ちると恐怖心が増すので、両腕を広げて前に飛び出すのが良いとのこと。

f:id:takobunex:20190710201118j:image

以下は文章で記録します。

自分の番が来ると、左手首につけたビデオカメラの電源を入れてもらいます(私はそこまで気が回りませんでしたが、自撮りに使えそうです)

両腕を広げて足先を台から半分出した状態で立ち、準備が整ったらカウントが始まります。

自分が現実世界の人間じゃなくなったように錯覚しました。バトル系のアニメに出てくる、生身で空を飛んだりするキャラですね。ああいうキャラになった気分です。

「こうなったら綺麗に人間やめてやるんだ……」とか考えて笑ってました。

現実から逃れるために中二病を発症したんでしょう。

 

「54321」ぐらいの早さでカウントされるので、躊躇っている暇はありません。

 

飛んでいる間のことは正直よく覚えていません。足から落ちるなと言われているのに足から落ちてしまい、「やらかした……」と思ってました。

地に足がつかない。ついたら危ないけど。

 

引き上げてもらうときは両腕を広げて空を見ていました。水に浮かんでるみたいだったので、久々にプールに行きたくなりました。引き上げてもらう時間が一番好きかもしれません。

 

修了証と、ビデオカメラの映像を移したUSBをいただきました。f:id:takobunex:20190710205905j:image

スタッフの皆さんが格好良く見えたので、吊り橋効果が実在することが分かりました(もちろん錯覚だけではなく実際に格好良かったんだと思います)

 

終了後は観光センターで巨峰味のソフトクリームを食べ、朝護孫子寺にお参りして無事に飛べたことのお礼を述べ、ダムが見渡せる場所に行きました。


f:id:takobunex:20190710211530j:image

見渡す限り誰もいない場所で、橋の上からの歓声とうぐいすの声を聞いて過ごしました。

 

バス停のそばで写真撮影をお願いされたり、私が飛んでいるところを撮影してくださる人がいたりと、旅先での関わりが多いのが印象に残りました。

蛇足ですが、バンジージャンプの受付で手の甲に書かれた数字(体重+器具の重さ)は次の日まで消えませんでした。帰って寝る前に手の甲を見て、今日自分が飛んだのを改めて実感することになりました。

以上、日帰り旅行の記録でした。楽しかったです。

【モスバーガー2019】たまねぎバーガー【地域・期間限定】

モスバーガーの店先で、気になる垂れ幕を見かけました。

f:id:takobunex:20190629155015j:image

たまねぎバーガー 国産黒酢と瀬戸内産ネーブル仕立て 380円

チーズ入り 410円

 

……ライスバーガーの海鮮かき揚げが好きすぎてモスに行くたびに頼んでいましたが、今回はこちらを選ぶことにしました。

 

このメニューは「2019年淡路島産たまねぎ祭り」というキャンペーンの一環です。

2016年に中国四国地方で始まり、2017年に兵庫県も含めて開催。2019年には関西全域を含めて開催されました。

2019年5月15日~6月上旬まで、関西・中国・四国地方の計281店舗で販売……とのことですが、6月下旬にいただきました。間に合った。


f:id:takobunex:20190629213804j:image

チーズがないほうを注文しました。

しゃきしゃきしたレタスとパティに加え、たまねぎの輪切りがたくさん入っています。辛味や臭みはなく、「ネーブル仕立て」とあるように柑橘系のソースがかかっています。パンは全粒粉入り。

モスバーガーでパティの入ったものを食べるのは久しぶりでしたが、ジューシーで美味しいです。野菜は良いですね。

食べ終えると、レストランでハンバーグとサラダバーを頼んだ後のような満足感がありました。


f:id:takobunex:20190629213821j:image

瀬戸内産 はっさくレモンジンジャーエール

Sサイズ 230円

こちらも果肉が少し入っていて美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

たまねぎバーガーは地域限定で公式HPには載っていませんが、はっさくレモンジンジャーエールは全国で販売しています。気になる方はお早めに。

眠いと文字に色がついて見える

授業中の発見。

寝ぼけているときに白い紙やホワイトボードを見ると、文字に色がついて見えます。

気付いて3秒ほど経つと元に戻ります。

f:id:takobunex:20190627202337j:image

f:id:takobunex:20190627202344j:image

手近なプリントを色鉛筆で塗って再現しました。文字の色が変わるわけではなく、蛍光ペンでなぞったように周囲に色がついて見えます。青や緑系。

 

「眠いときにノートを取ると誤字だらけになる」 程度には一般的なのか、それとも自分だけなのか……

軽いノリで話したら「え、それヤバくない?大丈夫?」と尋ねられたので、皆に訊いて回るのは控えています。

 

なんにせよ、睡眠は大切ですから。

色つきの文字を面白がるのは程々にして、早めに布団に入ろうと思います。

もやしっ子が筋トレを始めた話

注意:この記事は管理人が筋トレを始めた経緯を綴ったもので「これをやったら体力ついたよ」という情報はありません。

筋トレや体力づくりの方法を求めて来てくださった方はブラウザバックをお勧めします。

 

自他共に認めるもやしっ子

私は運動神経と筋力が足りないもやしっ子である。

中学生の頃、体育の授業で二人組になり、ペアの人を背負って体育館の端まで行って戻るというものがあった。1往復したら交代だけれど、私が相手を背負って歩けなかったために、相手が私を背負って2往復した。申し訳ない。穴があったら入りたい。

 

(ついでに日差しにも弱いようで、運動会の予行では体調を崩してテントで寝ていた)

 

そんな事があったのに、日常生活で困らないからと放置していた。

教科書が詰まった鞄は普通に運べるし、高校を卒業すれば体育の授業もない。重いものは何回かに分けて運べば良いし、周りの優しい人が手を貸してくれる。

……そんな日々がずっと続くと思ってましたよ。

 

就職活動がきっかけ

就活を始めると、面接で「力仕事が多いですが体力に自信はありますか?」と質問された。

自分の前の学生は、小中高とスポーツをして現在は引っ越しのバイトをしているという体育会系の人だった。

自分の番が来たので「あ、はい!入社までに体力つけます!」と答えて笑いを買った(別に笑いを取るつもりはなかった)。

 

個人面接でも体力に自信があるかと訊かれ、半分ヤケになって「入社までに走って体力つけます」みたいな受け答えをした。

落ちると思っていたら内定をいただき、色々あって来年からその会社で働くことが決まり。

内定承諾書を出した後に、部屋の隅で膝を抱えて内心「どうしよう……」と呟くことになった。

 

仕事では10kgほどの物を1日中扱ううえに作業場が暑いらしい。

力仕事を1日中やった経験はないけれど、今のままではヤバいってことは分かる。周りの足を引っ張りたくはないし、入社早々身体を壊して辞めるのも避けたい。

そういうわけで、必要に迫られて筋トレを始めた。

 

自衛官志望の友人に影響されていたし、「1R1分34秒」と「赤×ピンク」を読んでいたのでやる気になった(どっちも格闘技の小説です。憧れって大事)。

 

筋トレはヒトカラに似てる

今やっていること

  • スクワット
  • 膝を床につけて腕立て伏せ
  • 腹筋 (各20~30回)

膝を床につけずに腕立て伏せをするのが目標になった。

あと、握力が人と比べてかなり弱いので、100均でグリップを買って握ろうと思う。

 

スクワットと腕立て伏せをやったら身体の左半分が筋肉痛になった。左側に重さが偏っているのか、元々左側の力が弱いのか。

「毎日筋トレをしたらいつまでも筋肉痛なんじゃないか」と思ったけれど、数日後には治っていた。

 

始めてから5日ほど経っているけど、筋トレは案外楽しい。

部屋で1人でやっていれば誰かの足を引っ張る心配もないし、思考回路がほどよく鈍って良い気分になる。一人カラオケでテンションの高い曲を2、3曲歌ったときの気分に似ている。計算していないけど、消費カロリーが一緒ぐらいなのかもしれない。